ベトナム

ずいぶん間が空いてしまいました。

アンコールワットのあるシェムリアップよりベトナムの首都、ハノイへ。

325_2

最後のカンボジア、きれいな夕日が見送ってくれました。

カンボジアに時間を取ってしまったため、ベトナムはわずか2日の滞在でした。

一日目はバスで数時間かけて世界遺産、ハロン湾へいきました。

343

船に乗り、食事をしながらハロン湾をクルーズです。

湾内には多くの岩でできた島があり、その景色は仙人が住む水墨画のようだと

言われています。霧がすごいのも特徴のようです。

389

港は観光のための船でごった返しています。

船のエンジンによる排気ガスで空気はお世辞にも良いと言えません。

354

船の先端でこんなポーズをとっている人がいたので思わず盗撮です。

379_2

途中、鍾乳洞のある島に立ち寄り、散策。

鍾乳洞よりも所々にあるこのペンギンゴミ箱のほうに魅せられてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カンボジア3

肝心のアンコールワットを少し。

アンコール=都、ワット=寺院 で都のお寺だとか・・・。

当初、ヒンズー教の寺院として建てられたようです。

年代でいうと平安時代ぐらいだとか。

078

上のほうです。

修復中のため結構、シートがかけられていて少し残念。

025_2

蛇の神様、ナーガさんも修復?してあります。

このナーガ、私の心をとらえて離しません。

059

ちなみにこの獅子の像のおしりも気になります。

055

象のテラスの象。こちらも大好きです。

090

これは本物の象。半分はこの象に乗りたくて行ったようなものです。

プノンバケンというところに行く時に乗れます。

あれっ?いつのまにか動物シリーズに・・・。

取り留めなくなってきましたので今日はこのへんで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カンボジア2

188

ルーモーという乗り物。原付バイクに客車をつけた形状。

半日弱つきあってもらって5ドル。交渉次第でもっと安くなるはずが

運転手さんのプラスレスな笑顔に交渉意欲が失せてしましました。

190

アンコール遺跡群内にある気球。

これに乗ればアンコールワットの全容がつかめます。

198

気球の上から。全容をつかんだ(つもり)の風景です。例のあの風景です。

259

ベンメリア遺跡。観光客の姿は少なく、ひっそりとしています。

苔がむして建物は崩れ、どこが何だったのか把握しにくい状況です。

ここは朽ちている状態こそが見どころとのこと。

私が日本人だからなのか、ここに侘び寂を感じます。258

ここもベンメリア。こんな山積みの石をよじ登って上に登ります。

まるでアスレチックにでも来たような感覚です。

左は現地ガイドさんです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

カンボジア

12/5、海外旅行へ。カンボジア(シェムリアップ)3  ベトナム(ハノイ)2泊です。

019_9

アンコールワット観光では、日の出を見るのが流行っているようです。

御多分に洩れず、早朝4:30に現地ガイドさんと待ち合わせて出発。

12月の日の出はアンコールワット右手より現れます。春分、秋分は建物の後方から昇るそうです。

124_4

ちなみに近くの丘から撮った日没間際。

こちらも流行のようでたくさんの人が見にきていました。

残念ながら雲が多く、地平線までは見届けられませんでしたが雲が赤く染まる光景はステキかも。

普段の生活でこんなに空を見ることはありませんから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)